国内最大級の野外音楽フェス「ロック・イン・ジャパン」2022年は千葉市で開催(2022年3月調べ)

「ロック・イン・ジャパン」とは?

「ロック・イン・ジャパン」とは、毎年8月に開催される日本最大の野外ロック・フェスティバルです。2000年から毎年、茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開催されていました。

2020年、2021年は新型コロナの影響で中止となっていましたが、2019年の入場者数は5日間で計約33万7400人で国内最大級の野外音楽イベントでした。

2022年「ロック・イン・ジャパン」は千葉市で開催!

毎年茨城県で開催されてきた「ロック・イン・ジャパン」ですが、今年から千葉市蘇我スポーツ公園(同市中央区)に会場を移すと発表されました。

移転の理由は、移転は新型コロナウイルスの感染対策です。

主催者は千葉日報社の取材に対し、「構造的にステージ間の観客の移動が少なくなるので理想的だった」と同公園を選定した理由を説明し、「今後(感染者が増える可能性もあるので)感染状況を注視しつつ、具体的な感染対策を考えていきたい」と述べています。

茨城県の会場は7万人収容の巨大ステージから小ステージに観客が移動する際に密が生じるが、千葉市の会場は2万~6万人収容の会場が四つ設けられるため、観客の移動が少なくなり密を回避できるそうです。

新しい会場となる蘇我スポーツ公園は17年から毎年、今回と同じ主催者が音楽フェスティバル「JAPAN JAM」を開催しており、昨年秋頃に同公園でロック・イン・ジャパンを開催できないかと主催者側から相談があり、市が同公園内にホームスタジアムがあるサッカーJ2のジェフ千葉などと調整を重ねていました。

神谷市長は、5日の定例記者会見で「万全な感染対策が可能な唯一無二の会場としてだけでなく、地域の理解の下で『JAPAN JAM』を開催してきた実績も評価された。今後の大規模イベント誘致にもつながり、市として感染対策を求めつつ主催者を支えていく」と話しています。

参考資料サイト

2022年から、ロック・イン・ジャパンは千葉市蘇我スポーツ公園で開催します。
「ロック・イン・ジャパン」公式Twitter
「ロック・イン・ジャパン」公式Instagram

報告する

関連記事一覧

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。